2007年 04月 08日

Distagon C50mm f4 NonT

Distagon C50mm f4はT*のコーティングが無いレンズです。
T*を買った後にNonTのレンズを買うのも変な話なのですけど、古いカメラ好きな僕には良くある話なのです。写真はよく仕事で通りかかる戸畑のある場所です。逆光の描写を試したくて写しました。確かにT*と比較してコントラストの低下が見られますが、やっぱりすごいレンズでした。海の波の感じの質感はさすがのツァイスと思いました。
・・・でもこのレンズはもう売ってしまったのですけどね。。。(汗)
b0006316_623179.jpg


HASSELBLAD 500C Distagon C50mm f4 (NonT)

☆久しぶりの休日

昨日は久しぶりの休日でした。でもやっぱり同じ時間に眼が覚めてしまいPCの前でうだうだと1時間。午前中に所用を済ませてしまいたかったので朝食もなしに出かけました。
少し時間に余裕があったので、いつも行っていた海岸に行きました。天気は良かったのですけどLeicaとFed1で数枚の写真を撮ってから少し海を眺めてました。誰も居ない海を眺めていると心の中が少し洗われる気がします。
所用を済ませてから門司港へカメラとレンズのテストに行きました。観光地の門司港はカメラのテストで写真を撮るのに最適な場所なのです。屋外では高速側のシャッタースピードが確認できるし、建物の中では低速側のシャッタースピードが確認できるからです。でもFed1は最後の巻上げでフィルムを切ってしまってここでテストは御終い。僕はフィルムは100ftの缶を買って自分で手巻きしてるのでそれが原因かもしれません。手巻きのフィルムは巻きがきつかったりして巻き上げが硬いのでフィルムの終わりに気がつかなくて強引に巻き上げてしまいました。
ロシアカメラは巻き上げが硬いのが多いのです。
それから自宅近くのクラシックカメラ屋にちょっと寄りました。ハッセルの500CMがレンズ付きで10万円・・・・。買おうかとも思いましたが、ハッセルは500Cを持ってるしね。
Leica Ⅲf+Canon 35mm+Leitzの35mm外付けファインダー付いて8万円・・・・。これにも心が動きました。でも最近、カメラを買いまくっているので止めておきました。
それから自宅に戻って昼食を済ませて、切ってしまったフィルムの処理と現像。フィルム現像は慣れてしまっているので1時間もかかりません。今、自室に2本のフィルムが干されています。
昨日は夕方前からビールを飲みながら古いビデオ(バックドラフト)を観ていました。夕食後、酔ってしまったのか爆睡してしまいました。眼が覚めたら午前5時・・・・10時間も寝てしまいました。今日は仕事ですが出勤が遅くて良いのでこれからフィルムを6コマにカットしてスキャンします。はたして良い結果が出ているでしょうか???
[PR]

by teru2396 | 2007-04-08 06:53 | 6×6


<< Distagon C50mm ...      Distagon CF50mm... >>