人気ブログランキング |

ちょっとピンボケ・・・Snap is my life!! 

pinboke.exblog.jp
ブログトップ

2007年 04月 15日 ( 1 )


2007年 04月 15日

Fed 1d NKVD-CCP

ロシアカメラのFed 1d NKVD-CCCPというカメラでした。Leica Ⅱのコピーカメラのですが、Fed 1の歴史は古く最初のモデルは1934に製造されました。写真のカメラは製造番号から1941年頃の製造と推測されます。革ケースに入れて持ち歩くのですが、これが良い感じで古びていてカッコイイです。巻き上げやシャッターのフィーリングはLeicaとは比較にならないくらい悪いです。でもコストとパフォーマンスを考えるとお得なカメラなのかもしれませんね。
b0006316_9481489.jpg


レンズはFED50mmf3.5でこれまたLeitzのElmarのコピーレンズです。しかし、僕の持っている初期型のElmar50mmf3.5と比較してもコントラストは良くてロシアも改良をしてるのだと思いました。
b0006316_948513.jpg


Fed 1d NKVD-CCCP FED50mmf3.5

☆ロシアカメラ

最近、ロシアカメラにハマッてKiev 5台、Fed 1を2台、Fed2が1台、レニングラード、LUBITELと買い続けています。ロシアカメラの初期のカメラはライカやコンタックスのコピーでカメラの形状やレンズの構成も同じです。レンズで言えばFED50mmはElmar50mmのコピーで同じテッサータイプ、Jupiterはカールツァイスのゾナーのコピーレンズです。
描写は良く似ていて写真を見ても普通の人では判別はできないかもしれません。しかも本物とは比べ物にならないくらい価格は安いです。ただレンズ自体の造りは本物に敵いません。
ただ、難しい状況で撮影された写真を見ると暗部の再現性や逆光でのフレアの傾向に違いが出るように思います。でもレンズがいくら安いと言ってもロシアレンズをLeicaに装着して写真を撮る気にはなれません。ロシアとLeitzのレンズは製造過程での精度の出方が比べ物にならないのでピントが出なかったり大切なカメラを壊してしまう危険があるからです。

by teru2396 | 2007-04-15 10:06 | ロシアカメラ